奄美風鶏そうめんの御膳~EpisodeⅠ

a0116684_17093554.pngあれは15年まえ、仕事で奄美大島を訪れたときに、地元の方々に振舞っていただいた郷土料理の“鶏飯”・・・その豊かな美味しさに感動しました。

記憶を辿ると、大きなどんぶりによそった白米のうえに、自分で錦糸卵と鶏肉(確かささみか胸肉)、煮椎茸、紅ショウガに刻み海苔をわんさか盛って、そこにアツアツの鶏スープを注いで、ごはんをかきこむ!

疲れたからだに沁みこむような鶏の旨み・・・シンプルで派手さはないどんぶんりですが、鶏の美味しさを残さず食べつくした感がありました

青い海に感謝、青い空に感謝、人に感謝、そして鶏に感謝・・・そんな気分になったものです

そして、みんなの笑顔・笑顔・笑顔に囲まれて、奄美の黒糖焼酎が進み・・・終わらない奄美の夜

あれ以来、奄美に行くことはなく、美しいイメージが残るのみの南の記憶でした。

しかし、お店と夏の特別メニューを始めてから、いつか奄美の“鶏飯”を出したいなと考えていました。遠い記憶に残る奄美“鶏飯”の味をなんとかできんもんか!と

そして、実現にこぎつけた2014年夏・・・(つづく)


[PR]
by ogawacafe | 2014-08-09 17:10


<< 8/19(火)は恵比寿・エコー... !エレンディラ!LIVE >>