<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

苔玉ワークショップ詳細

『暮らしのなかのみどり -盆栽・苔玉+器・絵画』展会期中の"苔玉ワークショップ”の詳細です!
どうぞ ご気軽に参加下さいませ!
お問い合わせ、ご予約はオガワカフェまで(TEL:0422-45-2110)
a0116684_20425748.jpg

[PR]
by ogawacafe | 2011-08-21 20:46 | お知らせ

ミニ盆栽と苔玉~みどり屋 和草~

a0116684_18235818.jpg来月9月の13日(火曜)~25日(日)に開催する『暮らしのなかのみどり -盆栽・苔玉+器・絵画-』展に先立って、“みどり屋 和草(にこぐさ)”さんにお願いして、ミニ盆栽と苔玉をちょっぴり飾っていただきました。
器はもちろんコラボする岳中爽果さんの作品
枝ぶりが愛らしいミニ盆栽は“クロマツ”、ワサッと茂る林を思わせる苔玉は“ハゼ”
なんだか店内の観葉植物たちと共鳴しあって、とっても良い感じ・・・落ち着きます

じつは、カフェを始めるまで、植物とか全く興味がなかったわたくしです。
しかし、開店祝いなどで友人たちがくれた観葉植物やポットの花たち・・・水をあげて、入れ替えて、陽に当てて・・・と手入れをし、植物たちがすくすく育ち、花をつけ、新緑を芽生えさせる様子を間近でみているうちに、何というか、植物に愛情を感じるようになりました。
「慈しむ」とか「愛でる」っていう感覚はきっとこういうことを言うんだな、ということがこの歳になって体感できたように思います。
ちゃんと愛情を注ぐと、応えてくれるんですよね、植物たちも!

ということで『暮らしのなかのみどり -盆栽・苔玉+器・絵画-』展は9月の13日(火曜)~25日(日)、私も楽しみにしています。
そして!期間中の9/15(木)と9/18(日)には、カフェの屋上にて毎回定員8名の“苔玉づくりワークショップ”を開催します(材料費込みのお茶付き。道具、手袋はご用意します)。
講師は“みどり屋 和草”のおもろいご夫妻(言うときますが、旦那さんイケメンです)。
ご興味ある方は早めにご予約ください(オガワカフェ:0422-45-2110まで)。
お楽しみに~!!
[PR]
by ogawacafe | 2011-08-20 18:25 | お知らせ

本日8/12(fri)から営業です

8/8~8/11まで4日間の連休を頂きました、オガワカフェ
本日12日から通常どおりの営業になります
連日、猛暑酷暑が続きますが、ご自愛ください
特に、お出かけの際には、水分補給を忘れずに!

いつもどおり、オガワカフェ営業しております
皆様のお越しをお待ちしております
[PR]
by ogawacafe | 2011-08-12 11:44 | 日々のこと

“冷し豆乳ゴマだれうどん”完成までの道のり(その3)

a0116684_2257015.jpgしかし、苦難の道のりは続く・・・
レシピがおおよそ完成したかなってところで、レシピと作業手順の確認・・・
ここで重大な問題が発生!
練りゴマを試作用の少量品から業務用に変えたら、ビビるくらいゴマの風味が強くなって割合の再調整が必要になってしまった!
再度配合の見直し・・・ふうっ、これが夏メニュー開始の3日前・・・
結局、納得できるとこまで行ったのが前日の8月1日でした(涙)!

という具合に、試行錯誤を繰り返し、時間をかけて完成した“冷やし豆乳ゴマだれうどん”
是非ともお試しいただきたい一品!と思っております、はい。

そして、我々いちばんの喜びは、お客様の「美味しい!」という一言と“笑顔”に尽きるのでございます。
「美味しかったよ!」と言って下さるたび、厨房に戻って小さくガッツポーズを決めるスタッフ一同であります。
[PR]
by ogawacafe | 2011-08-10 22:56 | 日々のこと

“冷し豆乳ゴマだれうどん”完成までの道のり(その2)

a0116684_1834111.jpgさて、つぎにトッピング
トッピングに求めたのは辛味、酸味、甘味、香ばしさによる味の変化、そして見た目の美しさ、色彩!

やっぱりゴマは風味が強いので、食べ進むと飽きてきます。
うどんの麺も250gあるので、これを最後まで食べ飽きない工夫が要求されました。
スープに昆布と鶏を使っているので、お友達の“わかめ”と“鶏そぼろ”で味の統一感を演出
一方、鶏そぼろは普通の挽きだと歯ごたえ、食べ応えに乏しいため、お肉屋さんに特別にお願いして超荒挽きに・・・弾力と歯ごたえアップ、生姜醤油で濃いめの甘辛味にしました!
そぼろは仕上げで鶏の脂が溶けるくらいの温度に温めて、時間とともに、つけだれに甘味と香りを移します!

そして、シャープな辛味はカイワレ大根、シャキッとした瑞々しい歯触りはコイツしかいない!
酸味はプチトマトで決まり!豪華さを演出するために、九分茹で玉子(八分茹ででは柔らかすぎた)
緑と赤&黄の色合いが目にも鮮やか!
でも夏らしさをもう少し加えたい・・・食べたときに“嬉しい!”と感じる季節の野菜・・・茄子、そう大好きな“焼き茄子”がええっ!
手間はかかりますが、冷やした焼き茄子を直前に手で割いて、軽く醤油洗いして水っぽさを抑え、うどんとの絡みもよくしました。

うどんのトップに焼き茄子の輪をつくり、そのうえにわかめとそぼろ、カイワレの三つ巴、つけだれの周りにプチトマト・・・かれこれ、ようやくかたちになりました“冷やし豆乳ゴマだれうどん”
…to be continue
[PR]
by ogawacafe | 2011-08-09 18:37 | 日々のこと

“冷し豆乳ゴマだれうどん”完成までの道のり(その1)

a0116684_1556041.jpg昨年夏“ジャージャーうどん”の好評を受け、さらに今年の夏も暑くなるとの予報から、2011年夏は「冷やしうどん」を夏メニューにラインナップする方針を6月の運営会議で決定

今年のテーマは“上品でコクのあるスッキリ感”・・・
難しそうっ!だけど、さあ検討開始

最初にイメージしていたのは冷たい坦々麺のうどん版・・・すなわち「冷し坦々うどん」
この時点で“ゴマ”の起用は決定、これにヘルシーさとなめらかさをプラスする豆乳の起用も比較的すぐに決定。
でも坦々麺は辛いから子どもは食べられないという指摘を受け、さらにラー油の味と香りで豆乳風味がそこなわれるということが判明し、“坦々”の方向性を変更!
議論のすえ「和風で行こう!」と、利尻昆布+カツオを使った麺つゆ出汁で豆乳ゴマだれをのばすことに
しかし、豆乳&ゴマに合わせると、上品だけど控え目でインパクトが足りない・・・そこでパンチのある鶏スープを加えます
これはもうラーメンの手法?・・・魚介系に肉系を加えることで“コク”と“スッキリ”のバランスをとることに
さて、だいぶんイメージに近づいて来ましたよ
でももう少しオリジナリティーと夏らしい清涼感を出したい!
そこで、ラー油,一味/七味唐辛子,かんずり…etcの薬味を試して・・・選んだのが“柚子こしょう”
配合をあれこれと変え、試作を重ねた結果、練りゴマと豆乳、麺つゆ(もちろん自家製)、鶏スープ(やっぱり自家製)、柚子こしょうをブレンドしたオリジナル「豆乳ゴマだれ」が完成しました。
                                   …to be continue
[PR]
by ogawacafe | 2011-08-08 15:57 | 日々のこと

♯4プレミアム・モカパフェ

a0116684_11174859.jpg夏メニューの最後はとっておきのスイーツ
“プレミアム・モカパフェ”

昨年夏の大好評に応えて再登場!
スペシャルティ珈琲を使用した珈琲ゼリーと自家製ブラウニーとホイップクリーム,お好みで加えるラムシロップが贅沢な大人のパフェ!
見た目も大人で白と黒のコンビネーションがシック!

甘さ苦味そして香りの絶妙なバランスと口解けをお楽しみください
[PR]
by ogawacafe | 2011-08-05 11:19 | Special Menu!

♯3バジルが香るグリーンリゾット

a0116684_11403526.jpg夏メニュー第3弾は“バジルが香るグリーンリゾット”

鶏スープをベースに、夏野菜のズッキーニ,セロリ,グリーンピース…緑の野菜たちとベーコン,鶏肉、そして決め手の自家製バジルソースで仕上げたリゾット

具材のしっかりした旨みとチーズの風味&バジルの香りが減退気味の食欲を刺激します
目にも身体にも緑がやさしい美味しさ

アラカルトにもうれしいミニ・サラダつき


ランチ(サラダ・ドリンク付き)¥950  アラカルト(ミニ・サラダ付き)¥900
[PR]
by ogawacafe | 2011-08-04 11:41 | Special Menu!

♯2冷やし豆乳ゴマだれうどん

a0116684_1133861.jpg夏メニュー第2弾は“冷やし豆乳ゴマだれうどん”

豆乳と練りゴマに昆布&カツオのつゆ、鶏スープを合わせた特製の“つけだれ”はコクとあっさり感を併せ持つ和風だれ!
隠し味の“柚子こしょう”でさらに清涼感をプラス!
ショウガが効いた“荒挽き鶏そぼろ”やピリ辛のカイワレ、そして夏らしく“焼きなす”…etcをトッピング!
うどんはたっぷり250g!
でも、するっと食べれちゃうから不思議!
豆乳と胡麻でヘルシーに!

2011年夏のオガワカフェ、渾身のひと品です!!

ランチ(サラダ・ドリンク付き)¥1,050、アラカルト(小鉢付き)¥980
[PR]
by ogawacafe | 2011-08-03 11:35 | Special Menu!

『生音(pure acoustic)カフェvol.1』ありがとうございました!

7/30(sat)の『生音(pure acoustic)カフェvol.1』は、おかげさまで満席での開催となりました。
a0116684_23404392.jpgそして、あいにくの空模様のなか、ライブに参加下さったお客様、どうもありがとうございました。
当日、18時の開場から続々とお客様が集まられ、開演前までの約1時間で用意したお食事プレートも売り切れ間近の状態に!
演奏が始まるころには、お酒と食事でお腹も満たされてリラックスムード・・・そして、いよいよメヲコラソンのお二人にスポットが当たり「砂の岬」でスタート!
第1幕は助川さんのギターとEMiKO VOiCEの心地よいボーカルで、「三月の雨」や「黒いオルフェ」などボサノヴァの有名どころ6曲を披露いただきました。マイクがないだけに、EMiKOさんの動きも自由!サンバのステップも軽やかに、お客様のあいだを動きながら唄われていました。

a0116684_234183.jpgそして、40分程度のブレイクタイムののち、助川さんのギターソロから始まった第2幕
ゲストミュージシャンの徳久ウィリアムさんも加わり、口琴やホーミーなどのボイスパフォーマンスを織り交ぜての楽しいステージ。ラストの「ジローのように」が終わり、アンコールの手拍子が続く中、再登場したメヲコラソン・・・
アンコール曲「イパネマの娘」で拍手の中、延べ1時間半のステージが終了しました。

最近は音楽もヘッドフォン、インターネットからのダウンロード・・・それはそれで、お手軽で便利なんですが、録音の周波数帯も限られ、倍音を含む艶やかな音や音楽が作り手のミュージシャンからどんどん離れてしまったように感じるこの頃。
人間が奏でる音、発する声を完全な生音で、ダイレクトに聴いて感じることができるライブが面白そうだ!ということでメヲコラソンのお二人と意気投合し、開催した音楽イベント『生音カフェ』は、途中、稲妻が光り、雷鳴が響き、窓を叩きつけるような雨が降るという天候でしたが、好評のうちに幕を閉じることができました。
参加して下さったお客さまも、パフォーマンスもさることながら、楽器や肉声のダイナミックレンジの広さ、表現力を身近に感じることができて、楽しんで下さったように思います。

今月末8月27日(土)には、初台の東京オペラシティ3Fの近江楽堂で『メヲコラソン~声とギター~ボサノバ・なま音コンサート』が開催されます。こちらも生音でのコンサートになりますので、ご興味ある方は是非どうぞ!
[PR]
by ogawacafe | 2011-08-02 23:43 | お知らせ